つづく家

所在地 :滋賀県大津市
建物用途:戸建住宅
工事種別:リノベーション 一部 増築
延床面積:108.51㎡(32.82坪)
竣工年 :2019年
施工  :株式会社 夏見工務店

主な使用材料
外壁  :土壁調塗材(吹付)
屋根  :ガルバリウム
床   :吉野杉
内壁  :珪藻土クロス
天井  :ビニルクロス
玄関扉 :木質系断熱ドア(ガデリウス)

サッシ :APW330・331(YKK ap)
ウッドデッキ:桧
内部仕上材:タモ、ウォールナット、クリ、ケヤキ、シナ、ベイツガ、サクラ

山猫の日記帳(blog)にて工事の様子がご覧いただけます。⇒【つづく家(山猫の日記帳)】(絶賛更新中です)

改装前

改装後

写真:東涌宏和

この家は中古住宅(空き家)として販売されていました。

平成6年(1994年)築、2階建て・延床面積30坪程で、日当たりが良く、庭に植栽がたくさん。

それを今回のお施主様が購入しました。

改装する前には既存部分の状況をチェック。

長く住まうことを考えて耐震性・断熱性を含めた改修&増築を行うことになりました。

昔からの日本の家に倣い、襖の開閉で使い勝手の変わる間取り。

元々は新建材(合板フローリング・ビニルクロスなど)が多く使われた家でしたが、各所に遊び心を加えながら木の空間に改修しました。

暮らす人が変わり、住み継ぐ。

家の中と、外部をつなぐ。

庭を通して地域とつながる。

家自体の性能・住みやすさも次の時代へつづく。

そんな想いから名付けた「つづく家」です。